建築士の仕事内容の違い

一級建築士

建築士として最上級のクラスが一級建築士であるため、様々な建築物の設計に関わることができます。500平方メートル以上の建築物は一級建築士にしか扱えません。

二級建築士

一級建築士よりも、設計できるものに上限があります。木造建築物なら建築部分が13メートルを超えるものは設計できません。そのため学校や百貨店は扱えないでしょう。

一級建築士の求人に応募する際にやるべき対策

男女

意匠設計という仕事

一級建築士の関わることができる仕事には意匠設計というものがあります。建築物をデザイン面で美しく仕上げることができるため、街を美的に作り上げる仕事だともいえます。
橋梁や大きな建築物にはそういった意匠設計が施されるので、これは一級建築士としての夢でもあり、そういった大きな工事を扱っている企業に就職したいと建築士なら誰でも思うはずです。

面接の対策が重要

意匠設計に関わりたいという気持ちがあれば、目的の企業に就職するためにしっかりと面接の対策をしなければなりません。
この仕事はゼネコンや大手建築事務所で多く扱っているので、そういった場所で自分の力をアピールできるように、面接の練習をしましょう。

今までの経験や将来性をアピールしよう

建設業界でも面接が重要視されますが、特に今までのキャリアについては質問されます。その中で大事にしていたことを伝えましょう。コスト試算などに関わってきた経歴を細かく伝えようとしても、結論が見えなければ採用者も決定打とみなしません。
一級建築士の求人では、面接で特に的確な処理能力があるかどうかを判断されますので、模擬面接で練習しておくとよいでしょう。

広告募集中