仕事の見つけ方を比較してみよう

職業紹介所の活用

相談することができるのは、主に平日の8時30分から17時頃までが一般的です。休職申込書に記入する必要がありますが、初めての人でも丁寧に職員が説明してくれるので安心です。

求人誌で探す

求人誌から情報を探す方法は、気軽にできるので多くの人が利用しています。アルバイトの情報はたくさん掲載されていますが、詳細が掲載されていないこともあるでしょう。

求人情報の重要度ランキング

no.1

勤務地

どこで生活して働くのかはとても重要な条件となります。アルバイトをする人も、正社員を目指す人もここをまず注目するでしょう。正社員になれば勤務地が変わることもあるなど、そういった条件も要チェックです。

no.2

給与条件

前の仕事よりも給与は良いのか、仕事の内容と給与の条件は妥当かどうかということを調べるために給与条件には皆が注目しています。給与は生活の質を決定づけるものなので重要度が高いです。

no.3

仕事内容

募集されている仕事が何か注目する人も多いでしょう。しかし、建築なら建築、看護師なら看護師の求人専門サイトに登録している人もいるため、この点は織り込み済みといっておいても良いです。紹介所から応募する際は注目すべきでしょう。

no.4

社内制度

細かい条件を書いていない求人誌も多いため、社内制度は面接の際に確認するのが一般的です。しかし、やはり条件が最初から分かれば面接を受ける前にキャリア設計が検討できるので助かります。

no.5

他社との違い

その企業に就職した後は、その会社の方針に沿って仕事をしていきたいものです。社内の雰囲気や設立がいつなのかを確認すれば、自分と会社のマッチングも分かるので注目されています。

建築系の求人を調べる際のコツ【条件に注目】

作業員

仕事との相性

人と仕事との間には相性があるというように、どんなに良い条件の仕事であっても自分に合わなければ長続きしません。
そのため、仕事内容を職業紹介所や求人誌を使って詳細に探す必要があります。紹介所では仕事内容について詳しく教えてくれますし、ある程度建築関係の仕事が分かっているのであれば、大工や解体、溶接の仕事がどんな仕事なのかを自分で調べて研究しましょう。

建築系の仕事にはいろんなものがある

建築関係の仕事が合っていると感じ、建築の現場で働いた経験がある人は、次は別の仕事に目を向けてみるのもよいかもしれません。
建設の現場で肉体労働をする鳶職の求人以外にも、現場の監督を行う施工管理技士が建築関係の求人で募集されていることも多いです。こういった仕事は資格が必要になることもありますが、ステップアップのためには資格取得も視野に入れましょう。

福利厚生を確認

肉体労働が多い建築の現場ですので、福利厚生についてはしっかり調べておきたいものです。求人サイトには条件がしっかり書かれているので確認しましょう。
福利厚生で社員旅行があるところもありますし、将来的に独立したいと考えている人のために独立支援セミナーを設けている企業も存在します。

広告募集中