建築求人で採用される人になりたいなら情報集めが重要

JOBS

体力が重視される

建築関係の仕事に就くためには体力が必要であるため、就職には男性が有利なのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、現場を管理する仕事やセンスを重要視するような仕事も求められるため、女性でも就職可能です。
男女関係なく、建築の現場は様々な環境に適応しなければならない場面が多いでしょう。寝不足になったり不健康な状態になったりするのは望ましくありません。体調はしっかり整えていたほうが良いです。

責任感とコミュニケーション

人が暮らし、働く場所となる建築物。その建築物を作り上げる仕事ですから、特に一級建築士には責任感が求められます。また、管理職から技術者、職人など多くの人と一緒に作業をするため、コミュニケーション能力が高いと建築関係の求人で採用されやすいです。
近年、能力の高い人はヘッドハンティングされることも多いですが、そういった求職方法を含め、就職の方法はいくつか知っておくと良いでしょう。

建築と建設はどう違うの?

建築

建築関連の職業は「建設」に含まれると覚えておきましょう。建築は建築物を基礎から作り上げていく仕事であり、建築基準法で建築物の基準は定められています。

建設

一級建築士としての仕事に就きたいという人が「建設業」に就くとギャップを感じます。建設とは電気工事も含んでおり、建築や現場に関わる様々な職業を指すのです。

自分の関わりたい仕事を知る

現場で職人として働きたい、建築物の設計に関わっていきたい、ひと言で建設の仕事といっても人によって希望の働き方は違います。就職の際には自分の希望する仕事がどこでできるのか調べることがポイントです。

建設関連の仕事をするまでの流れ

紹介所を探す

建設の仕事を探すには、求人誌など自分の取り掛かりやすい探し方を見つけましょう。職業紹介所が一般的には利用されていますが、ヘッドハンティング会社も近年では注目を集めています。

研究をする

長く働くことになるかもしれませんし、入社したらすぐに成果を求められることもあるかもしれません。企業や業界の傾向を研究することは試験にも受かりやすくなるので必須です。

履歴書を書く

応募する企業が決まってから履歴書を書くのも良いですが、何社も受ける予定があるなら早めに履歴書を書きましょう。求人サイトや職業紹介所によっては、指導してくれることもあります。

応募する

応募するにはそもそもエントリーシートの記入や資格が必要な職業もあります。設計事務所なら建築士の資格を取得していなければいけないことも多いですので、応募資格もチェックしておきましょう。

採用試験を受ける

応募して履歴書を送ることが第一次採用試験とされるところもありますし、連絡したらそのまま履歴書を持って採用試験を受けるケースもあります。当日は服装に気をつけましょう。

[PR]ヘッドハンティングお役立ち情報!
やりがいのある仕事に転職☆

[PR]建築専門の求人情報サイト!
理想の職場を見つけよう☆

[PR]一級建築士の求人情報をリサーチ☆
最良の職場を見つけよう☆

[PR]携帯販売求人をいくつも紹介!
理想の職場を見つけよう☆

広告募集中